禅フロンティア

直近のご案内

第77回 禅フロンティア 「幕末の海防と禅」 

 現在の地球は時々刻々と変化しているように感じられます。地球温暖化の影響、AI技術の益々の進歩、遺伝子組み換え、格差の更なる拡大等々です。ある意味で、緊迫感は幕末の日本の状況に類似していると思います。そこで、今回、幕末の海防に活躍した知られざる巨人 江川英龍(坦庵)(18011855)を取りあげ、英龍の業績、思想、心情を深く研究されている橋本先生にお出で頂き講演・フォーラムを開催することになりました。

 江川英龍が活躍したのは幕末の動乱が起こる直前の時期です。産業革命が進展していた欧米諸国は市場と原料を求めアジアへ進出、イギリスと中国とのアヘン戦争など通商解放を求め日本へ接近してきました。一方、国内では米価の高騰、打ち毀し、大塩平八郎の乱、郡内騒動の勃発など不穏な情勢が続いていました。

 江川英龍は伊豆の名家に生まれ当時の最高の教養を身に着けていました。剣を初代岡田十松に、学問を佐藤一斎に、書を市川米庵に、詩を大窪詩仏、更には絵を大国士豊、谷文晁にそれぞれ学びました。

 また、蘭学を幡崎鼎に教えを受け、海防問題に関心を持ってからは、旧式の沿岸備砲に危機感を持ち、幡崎鼎を通じて高島秋帆に弟子入りし、高島流砲術を学びました。高島秋帆が江戸で演習を行ったことをきっかけに、高島流砲術をさらに改良した西洋砲術の普及に努め、「韮山塾」を江川邸内に開き、没後、江戸で全国の藩士を教育しました。ここで学んだのは、佐久間象山、大鳥圭介、橋本左内、桂小五郎(木戸工孝允)などです。

 嘉永6年(1853年)ペリー艦隊来航直後、幕府勘定吟味役格に登用され、老中阿部正弘の命により品川台場(現在のお台場)を築造しました。これは80ポンド青銅製カノン砲などを設置する8か月の突貫工事で一部が完成しました。

 英龍は鉄砲製作のために湯島大小砲鋳立場を設立し、後に関口製鉄所の原型になっています。また地元韮山に鉄砲生産のための反射炉の建造に取り組み、これは息子の代で完成しています(韮山反射炉)。また、英龍は鉄砲製作のために湯島大小砲鋳立場を設立し、後に関口製鉄所の原型になっています。また地元韮山に鉄砲生産のための反射炉の建造に取り組み、これは息子の代で完成しています(韮山反射炉)。 

 日々の生活においては、法華経の寿量品を読誦し、数息観を修しておられました。英龍の座右の銘と言われる「忍」は母・久が死の床で与えたといいます。江川英龍の行動の元になっているのは法華経及び数息観の禅定力による事も大きいのではないでしょうか

講師橋本敬之先生  1952年生、静岡大学人文学部卒業、公立学校教員ののち、公益財団法人江川文庫学芸員  静岡県史他、自治体史編纂に関わる。NPO法人伊豆学研究会を立ち上げ、江川文庫をはじめ伊豆の文化と文化財保護活動を行っている。伊豆学研究会理事長・公益財団法人江川文庫学芸員・伊豆市文化財保護審査委員等に就任。著書は『幕末の知られざる巨人 江川英龍』(KADOKAWA)他。

【日 時】  令和3年7月10

   午後 1:00 受付

   午後 1:30~3:15  講演・フォーラム                          

   午後 3:30~4:45  座 禅(老師と面談の時間もあります)

   午後 5:00すぎ解散

【費 用】 ,000一般

【場 所】 人間禅擇木道場 日暮里駅南口徒歩

東京都台東区谷中7-10-10 TEL/FAX03‐3823‐7647

【連絡先】 ホームページ https://ningenzen.org/free/zenfrontier または、   右のQRコードからお申し込み願います。お気軽にご質問くださいませ。

【ご注意】 コロナウィルス感染防止のため、講演会中の飲み物は各自でご準備ください。

今回の代表 小林閑徹 携帯:080-5299-8511 Eメール:marin-kobayashi@ozzio.jp

 詳細はこちら

   「予約する」ボタン深緑.gif

「お問い合わせ」ボタン.gif

 

 

年間予定

令和2年度

 7月11日(土) 第75回 「神道と禅」 終了

   9月12日(土) 第76回 「万葉集・令和の心と禅」 終了

 11月21日(土) 第77回 「掃除と禅」 新型コロナウィルス感染防止のため中止

 1月23日(土) 第77 78回 「会社経営と禅」 新型コロナウイルス感染者数増加のため中止

 3月13 27日(土) 第77 78 79回 「お釈迦様の脳と禅」  新型コロナウィルス感染防止のため中止

 月22 27日(土) 第77 回 「掃除と禅」  新型コロナウィルス感染防止のため中止

 

禅フロンティアとは

・禅を通じて自分を見つめ、他に学び、ともに真の社会人になるために。
・現代社会の中で禅の自由でダイナミックな発想を生かし、一度しかない人生を正しく楽しく仲良く生きる  道を共に見出すために。
・お互いに学び合うことで尊重し合い、ともによりよい社会へと手を携えて歩いていくために。

 

坐禅体験と学びのフォーラム

・そのままの自分でいられる軽快さ、それがそのまま他と手をとり合って生きる豊かさへつながる・・・。
・坐禅によって自分を見つめ、お互いに学ぶことで社会人としての力をつける
・楽しくてちょっと骨太なフォーラムへぜひご参加ください。

 

ごあいさつ

禅FR写真.jpg

こんにちは。
アクセスしてくださってありがとうございます。
禅にご興味がありましたか?
ようこそいらっしゃいました。
あなたをお待ちしていました!

私たちは禅に学び触れあうことで、自分を知り、世の中を見る目を養い、多くの仲間と出会い、社会人として育っていこう、そして少しでも良い世の中を作ることに参加したいと考えています。
それには皆さんとお互いの持っているものを分かち合い、一緒に学ぶ場がほしいと思いました。私たちからは、素晴らしい禅の世界を提供します。そのかわりあなたの考えていること、取り組んでいること、したいこと、いろんなお話を聞かせてくださいませんか?
禅フロンティアでは一方的に講義をしたりはしません。現代社会への課題を元に、その分野の専門家や、今まさに格闘している人達をゲストにお迎えしますが、あくまで双方の交流を大事に、皆で考え、話し合い、その中から生み出される何かがあることを信じ期待しています。
禅フロンティア代表 笠倉奈都

 

今までの禅フロンティア

令和3年 3月13日(土)中止第77回 「お釈迦様の脳」

詳細はこちら(PDF)

令和3年 1月23日(土)中止第77回 「会社経営と禅」

詳細はこちら(PDF)

令和2年11月21日(土)中止第77回 「掃除と禅」

詳細はこちら(PDF)

令和2年9月12日(土)終了第76回 「万葉集・令和の心と禅」

詳細はこちら(PDF)

令和2年7月11日(土)終了第75回 「神道と禅」

詳細はこちら (PDF)

令和2年1月18日(土)終了第74回 「剣と禅」
詳細はこちら(PDF)

令和元年11月23日(土)終了第73回 「大人の引きこもりと禅」
詳細はこちら(PDF)

令和元年9月28日(土)終了第72回 「アフリカと禅」
詳細はこちら(PDF)

令和元年7月20日(土)終了第71回 「禅の再創造」
詳細はこちら(PDF)

令和元年5月25日(土)終了第70回 「寺院仏教」と「在家禅」
詳細はこちら(PDF)

平成31年3月22日(土)終了第69回 人生100年時代と禅
詳細はこちら(PDF)

平成31年1月26日(土)終了第68回 性の多様性と禅
詳細はこちら(PDF)

平成30年11月17日(土)終了第67回 LGBT・平等と禅
詳細はこちら(PDF)

平成30年9月8日(土)終了第66回 儒教のイロハと禅
詳細はこちら(PDF)

平成30年7 月28日(土)終了第65回 西郷どんと禅
詳細はこちら(PDF)

平成30年5 月26日(土)終了第64回 上座部仏教と禅
詳細はこちら(PDF)

平成30年3月17日(土)終了第63回 醫(医学)劔(剣道)宗(宗教)一途と人の道
詳細はこちら(PDF)

平成30年1月27日(土)終了第62回 大乗仏教と在家禅
詳細はこちら(PDF)

平成29年11月11日(土)終了 第61回「国際化」を吟味する 国際化とは多様な価値観を許容すること
詳細はこちら(PDF)

平成29年9月9日(土)終了第60回「いまを生きる」と「禅」筋ジスと闘い歌うシンガーの勇気と覚悟と使命感
詳細はこちら(PDF)

平成29年7月29日(土)終了第59回「ドリームマップ」と「禅」自分を見つめ、主体的に生きるチカラを育む注目のツールに学ぶ。詳細はこちら(PDF)

平成29年5月20日(土)終了第58回「心療内科」と「禅」病気は決してマイナスなものではない。からだと心の声を聴く医療に学ぶ。詳細はこちら(PDF)