千葉・市川松戸 座禅道場_会員の声

正楽和2.jpg

 

会員の声(座禅を続けて良かったこと 気づいたこと)

☆Aさん
社会人として会社人として生きている日常は大変なことや面倒なことがいっぱいあるが、数息観をして坐ることでクリアにできることがありがたい。


☆Bさん
仕事は大変で自分で嫌なこともやらなくてはならない。坐禅によって前向きに取り組むことができるようになった。社会で責任を担う若いかたに勧めたい。


☆Cさん
仕事も剣道も集中力がついたと思う。何事も苦にならなくなった。そのときそのときに一生懸命に取り組めるようになった。


☆Dさん
精神的に不安定なところが改善したことは大きい。以前は仕事と自宅の行き来だけだったが、道場ではいろいろな価値観の方々に知り合う機会を得た。物事を見る視点が増え、仕事にも役立っている。人間禅がひとつの家庭のように思う。


☆Eさん
以前は怒りやすかったが少なくなった。いろんなかたに巡り会う機会をいただいた。


☆Fさん
学生時代に坐禅に縁を得たが、集中力がついて仕事にも活かせた。信念を持って地面に足をつけて毎日を過ごすことができている。健康が続く限りは続けていきたい。

山門つつじ.jpg

☆Gさん
若い頃、自分は生きている意味や理由が何もないと良く考えた。いつも誰かと比べて劣等感を感じてネガティブだった。坐禅でこれを超越できると考えていたが仕事に追われていて、定年を過ぎてから始めた。いま劣等感はだいぶなくなったが、それが坐禅によるものか年齢によるものかははっきりしない。ただ、坐禅で良い方向に向かっており、やって良かったと思っている。いまは毎日参加している道場の朝坐禅がない生活は想像できない。


☆Hさん
般若心経や維摩経などを教えていただいて、仏教の世界観に触れられることが一番良かったという気がしている。剣道も数息観によって深めることができた。


☆Iさん
数息観をしていたら確定申告の待ち時間も早く終わった。数息観によって案外充実した時間が過ごせるのではないか。また、1日パソコンに向き合う事務仕事も、作務と思うと捗ってよい。


☆Jさん
人と接するには、自分にも皆さんにも家庭に対しても誠実でないと成り立たない。それだけで過ごして来れたことは、道場に来て良かったことだと思う。


☆Kさん
ものの見方がすっかり変わった。道場で教わる段取り・真剣・後始末を実生活に活かす。これを新しい人にも伝えたい。新しいかたにこの道場に通いたいと思っていただきたい。


☆Lさん
一生懸命に生きてこられたなということだけです。

茶室の花.jpg

☆Mさん
10年以上、坐禅会だけに参加していて効用はあまり感じなかったがいろんなかたと出逢えた。昨年縁あって入門したが、入って良かったなと思う。参禅は厳しいが感動した。入門を躊躇している人に自分なりのアドバイスをしたい。


☆Nさん
坐禅と剣道で人間禅にはお世話になっているが、本当に良かったと思うことが大きくふたつある。①信の置ける師匠に出逢えたこと。師匠の存在は人生で大きい。②苦楽をともにする仲間がいること。仕事の仲間とも違い大事である。


☆Oさん
道場の先輩仲間は自分で自分を律する方々。仕事と家庭だけでは出逢えなかった多種多様な方々との出逢いは普通の生活では味わえない。単色だった生活が色鮮やかになり、人生が豊かになったなと感じている。


☆Pさん
多様性を認められるようになった。日常では自分の心の動きが実に良く見えている。

☆Qさん
毎日の出来事に振り回されずに、迷わずに生きられるようになってきた。命に関わる辛い出来事にも向き合えていると感じている。自分と周囲のかたがたを大切に思うようになった。生涯の師に出逢えたことに感謝している。


☆Rさん
公案のハードルを次々越えていかなければならず、くじける暇がないことがよい。無我夢中でやれる。剣道の小川忠太郎先生と同じように修行ができることは幸せだと思う。参禅弁道で鍛えることがまだまだあるということが分かる所が良い。


☆Sさん
師匠の小川忠太郎先生が亡くなってから、なかなか師匠につけなかった。小川忠太郎の剣道をやるために坐禅を始めた。やってよかったというのは当たり前。剣道と坐禅は相乗効果がある。公案を通して小川忠太郎に会える。良いことだからみんなやれば良いのにと思う。


☆Tさん
最近になって何でも自由に考えてよいのだと思えるようになってきた。また、我が強い人間だったが、最近は我が強い乍らも反省している。いままでは反省もせずにぶつかるばかりだった。だいぶ変わって来ているという意識が出てきた。


☆総裁老師
無得庵小川刀耕老居士から、「剣道だけで人間力はつくけれども、本当の師匠に巡り会うことがなかなか難しい。禅には正脈の師家がいる。剣道だけでは200年かかることが、坐禅をやったらもっと早くなる。」と言われたから始めた。数息観は難しい。50年やってまだ難しい。だからこそやる。今日やってすぐにできるならやる意味がない。

 

▲ページトップに戻るボタン.gif